肌老化の原因にもなる!?紫外線からしっかり肌を守りましょう!

紫外線が強く、外へお出かけも増えるこの季節。気になるのが日焼けですよね。そんな日焼けの予防と、もしも日焼けしてしまった場合の適切な対処法をまとめました。

・日焼けがお肌に与える影響とは?

紫外線を浴びることはお肌に様々な影響を与えます。その中でも最もと言っていいほど怖いのが「肌の老化」です。具体的にどんなことかと言うと、シミ、くすみ、シワ、たるみ、毛穴の開き、キメの乱れなどです。これらの原因の1割が加齢によるもの、9割がなんと紫外線とも言われているのです。このようなトラブルからお肌を守るには紫外線になるべく当たらないのが一番なのです。

参考:紫外線

・日焼けしないためには?

肌老化を防ぐためには、紫外線に当たらないようにするのが良いのは分かったけど、ずっと外に出ないわけにもいかないですよね。どうしたら、効果的に紫外線からお肌を守れるのでしょうか?まずは日焼け止めを「正しく」選び、塗ることが大切です。日焼け止めはお肌に良いかというと決してそんなことはありません。

 

紫外線を浴びるよりは良いから塗るものと理解しておきましょう。紫外線吸収剤フリーやノンケミカルのものを選ぶのがおすすめです。塗り方ですが、こすると刺激になったり、色素沈着の原因にもなってしまいますので、こすらないように、肌の上から乗せるようにして塗りましょう。

 

また、おでこや鼻など、比較的高く日焼けしやすい場所は二度塗りが効果的です。それから、目から入る紫外線もしっかりカットしましょう。紫外線が目から入ると、脳からメラニン生成の指令が出て、その結果メラニン色素を生成してしまうので肌が黒くなるという仕組みです。目から入る紫外線の予防には、サングラスが有効です。色が濃い方がよさそうに思いますが、濃すぎると瞳孔が開き、返って紫外線が入りやすくなってしまいます。サングラスを選ぶときにはこの点を注意してください。

・それでも日焼けしてしまったら?

これだけ予防をしても、どうしても塗り直しが出来なかったり、サングラスを外さなければいけなかったりして、日焼けしてしまうこともあるかと思います。もし、日焼けしてしまったら、まずは冷やしましょう。日焼けは肌がやけどしているような状態なので、まずほてりを鎮めていきます。

 

次に、水分が不足しいるので化粧水をたっぷり使いましょう。それから保湿クリームなどでしっかりと蓋をします。そして水分をたくさんとって内側からも水分補給を忘れないようにしてください。日焼けした日は肌だけでなく、体も疲れていますので、早めに寝てしっかりと休息を取りましょう。

美白ケアを含むスキンケアのことなら「美-MAP」を参考に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です